保育士は実は安定した仕事!好待遇を得るための就職活動のポイントを解説します!

保育士として就職を考えています。ですが保育士の年収が低いと聞いてこのまま保育業界に就職して良いものか迷っています。いったい保育士の年収はどのくらいなんでしょうか?
えらん
現役保育士のえらんがそんな疑問にお答えします!

保育業界に就職・転職を考える多くの方が悩む問題が保育士の給料の低さではないでしょうか?

実際に厚生労働省が統計としてまとめた表が以下のとおりです。

参考:厚生労働省

全体平均が333万円に対し保育士平均が223万円と確かに給与額が低いことが分かります。

しかし、異業種から保育士に転職した筆者の経験からお伝えすると、保育士の年収は統計ほど低くありません。

ではなぜ統計の保育士平均年収は低くなっているのかというと、保育業界が永らく女性の職場だったことに一端があります。

産休・育休がしっかり整備されていない保育園では、結婚・出産に伴い給料が上がり切る前に退職してしまいます。

その後、子育てがひと段落してから再就職するものの給料がリセットされ、給料が上がり切る前に今度は定年を迎えてしまいます。

また、パート職員が多いのも特徴です。

そうした保育業界独特の事情があるため平均年収が低く見られがちですが、産休・育休などの就業規則や、昇給を伴う給与規定がしっかり整備された保育園に就職できれば高待遇で仕事をすることができます。

退職せずに勤め続けている職員の年収は全体平均並がやや高い印象です。また、給料が公務員並みに保障されたとっても安定した仕事と言えます。更に、保育士は売り手市場で就職活動がしやすいのも特徴です。

この記事では、保育士の収入が低くない3つの根拠と、高待遇を勝ち取るための保育園選び・就職活動の方法をお伝えします。

【根拠1】 保育士の給料は公定価格で決まる

公定価格とは、国や地方自治体が決定する物やサービスの対価のことです。

保育は社会福祉法で国や地方自治体の責務と定められています。

社会福祉法より抜粋

(福祉サービスの提供体制の確保等に関する国及び地方公共団体の責務)

第六条 国及び地方公共団体は、社会福祉を目的とする事業を経営する者と協力して、社会福祉を目的とする事業の広範かつ計画的な実施が図られるよう、福祉サービスを提供する体制の確保に関する施策、福祉サービスの適切な利用の推進に関する施策その他の必要な各般の措置を講じなければならない。

参考:電子政府の総合窓口(e-Gov)

そのため、保育士の給料は国や地方自治体から保育園に振り込まれ、保育園から保育士に支払われます。

手当も同様に、通勤手当、扶養手当、地域手当などが付きます。

地域手当とは働いている地域の生活水準によって、全国平均から何パーセントという掛け率で上乗せされたり減らされたりする手当です。

単純に高収入を得るためには都市部で就職活動をする必要がありますが、家賃なども高額になることがありますのでよく検討する必要がありますね。

【根拠2】収入が景気に左右されない

前述のとおり給料は公定価格で決まります。

保育園の経営は一般企業のように売上に左右されるものではないため、給料は給料日に確実に振り込まれます。

どれだけ不景気でも給料もボーナスもしっかりもらえます。

給料の元となる保育料は基本的には地方自治体で集めてそれを補助金として民間保育所に分配しています。

ちなみに、公務員保育士だと地方自治体によって未納の保育料を集めに行かなければならないこともあるようです。

民間でも給食費や絵本代の集金がありますのでお金の問題が全く無いわけではありませんが、保育料は桁が違いますので集めるとなると一苦労です。

地方自治体がお金に関することを面倒見てくれるので保育園や保育士は保育に専念できますね。

【根拠3】保育士は超売り手市場!

少子化なのに求人があるのはなぜでしょうか?仕事がキツくてすぐに辞めてしまうからではないのでしょうか?
えらん
保育園を利用したい子どもの対象が広がっているため、少子化でも利用者数は増えています!

みなさんご存知のとおり、子どもの数は一昔前と比べるとかなり減っています。

しかし、共働き世帯の増加で0歳児から保育園に預けることが増えています。

年少・年中・年長の3学年が永らく主流でしたが、現在は0歳児・1歳児・2歳児クラスの需要がとても高く、学年の数だけで単純に2倍です。

更に、年齢によって以下のとおり保育士の配置基準が決まっています。

年齢園児と保育士の比率
0歳児3:1
1歳児6:1
2歳児6:1
3歳児20:1
4歳児30:1
5歳児30:1

3歳未満児を預かるには3歳以上児に比べて約5倍の保育士が必要です。

つまり、ひと昔前に比べて10倍の保育士が必要です。

多少子どもが減ったところで数パーセントですが、保育士の需要は倍数で増えています。

職場選びが大切!せっかくの保育士資格が生かせず台無しに!?

これだけ好条件が揃っている保育士なのにブラック業界と言われることがあるのはなぜでしょうか?
えらん
実は待遇は職場によってまちまちです。職場選びを間違えるとブラック保育園ということもあります。

保育園がブラック化してしまう・してしまった理由は何でしょうか?

保育園は国の方針で永らく一法人一施設で運営されてきました。個人経営や家族経営に近い法人も珍しくありません。

そうした保育園は労働規約がない、労使協定がない、給与規定がない、昇給もない!あったとしても守っていないなんてことがザラにあります。

これがいわゆる保育園がブラック企業と言われる理由です。

しかし、そうした世間からの風当たり、インターネットの普及による情報公開、さらには国の方針転換による一法人他施設化によって、これらの労働環境は急速に改善されています。

職場選びを間違えなければ、保育士資格を活かして高待遇を得ることができます。

高待遇を勝ち取るにはたくさんの保育園を比較すること!

納得のいく保育園はどうやって選べばいいのでしょうか?
えらん
後悔しない就職活動をするためにはたくさんの求人を見比べることが大切です!

後悔しない就職活動をするためにはたくさんの求人を見比べることが大切です。

保育園の求人というと保育課程のある大学、短大、専門学校に求人票が貼り出されるのが一般的でした。学校の先生からの口添えがあって就職するというパターンです。

しかし、根拠3でお伝えした通り保育士は超売り手市場です。保育園は養成校に出す求人票では保育士が確保できません。

そこで、保育園はこぞってインターネットで求人を出しています。

インターネットで求人を出すにあたり、給与規定や就業規則などもちゃんと整備した保育園が多いのも特徴です。

以下に筆者がおすすめする求人サイトを紹介します。筆者が保育士になる際に使ったサイトや、保育業界に入って求人側になってからもお世話になっているよく知られたサイトです。

「保育FINE!」求職者が希望するエリアの園にすぐさま売り込みをかけているため保育園からの知名度はとても高いサイトです。希望勤務地が譲れない方にオススメです。

「サポート保育」スタッフ全員が保育業界経験者です。専属コンサルタントが付き就職活動をサポートしてくれます。スピード感を持って就職活動したい方にオススメです。

「保育士転職支援のイクシィ 」民間学童保育を全国展開している株式会社ウィズダムアカデミーさんが運営しています。保育・教育業界が取り扱っている求人なので安心して選べます。

最後に

保育士になる夢を叶えるには、収入を得て生活をしていけるかどうかはとても大切な要素です。

また、せっかく保育士になっても待遇が悪くてすぐにやめてしまうのでは意味がありません。

長く続けられる職場を見つけるためには、たくさんの情報を仕入れて比較しなければなりません。

保育士資格を取得した皆さんが、保育業界に就職して活躍することができるよう願っています。