【伝統?新設?】どうやって決める?就活のポイント

現役男性保育士のえらんです。勤務先の法人は他施設を運営していますので新しい園や古い園それぞれの抱える苦労や、素敵な保育を見てきました。

保育士試験に合格して晴れて保育士になった皆さんの最初の大仕事は、これから保育を実践する場となる就職先選びですね。

園の規模の大小や立地、研修の有無や待遇など気になる点はたくさんあると思いますが、今回は園の設立が古い園と新しい園の違いについて焦点を当ててみました。

伝統ある園について

伝統ある保育園は地域に卒園児がたくさんいて、保護者や先生にも卒園児がいることがあります。園の活動に理解があるため地域のみんながアットホームで安心して保育に取り組むことができます。

地域のブランドになっていることも多く、

「○○園なら安心ね!」

という今までの実績に基づいた信頼があります。

ただし、そうした伝統ある園は保育内容が古かったり、新しい取り組みが苦手だったりします。

伝統に固執するお局先生もいたりして、学習した内容や研修で習った最新の保育を実践するにはもどかしい場面もあるかもしれません。

また、あまりに古い園は衛生面や防災の面で設備が整っておらず、いわゆる人力で補うという手間が発生するため苦労するかもしれません。設備の更新が近いという意味ではタイミングが合えば設備の選定に立ち会えるチャンスもあり、楽しみが広がりますが。

地域や保護者の信頼のもとで安心して保育に集中したい!そんなあなたには伝統ある保育所がおすすめです。

新設の園について

新設や歴史の浅い園では、伝統や行事はこれから作っていったり、試行錯誤の段階です。最新の保育内容、新しい行事、やりたいことが反映されやすい環境にあります。

施設が新しい分、設備も使いやすいです。日常の保育では指挟み防止のストッパーやお湯の出る手洗い場があったり、防災の面でも転落防止棚や強化ガラスなど最初から性能の良いものが揃っており、設備環境の面ではストレスが少ないでしょう。

しかし、歴史が浅い分、保護者の目や地域の目は厳しいものがあります。 やったことや選んだ理由を責任を持ってこたえることが求められます。

「今までそうだったから。伝統だから。」

という言い訳は通用しませんので常に考えて行動する必要がありますね。

園の伝統や保護者・地域の信頼をゼロから築いていける方、園に少しでも自分色を加えたい方、スタートアップにやりがいを感じる方は新設の園がおすすめです。

まとめ

伝統ある園にも新設の園にもそれぞれ魅力がありますし、気になる部分もあります。

後悔しないためにも、園の見学に足を運んだり、ホームページやSNSなどの公開されている情報をチェックするなどして判断材料をたくさん集めましょう。

自分にはどちらが向いているのか、何がやりたいのかを考えて、後悔しない就職先を選んでください。